home / update history / who am i? / motorcycle / ST2 / DT / my "cerebral neocortex" / guest book

北海道ツーリング2000

世間とはちょっとズレた9月半ば。初めての北海道ツーリングを実行。天気はいまいちさえなかったけど、とくにトラブルもなく、北海道を楽しんできました。

  • 9/10 初日
    Photo
  • Sun Sep 10 05:05:44 2000
    初日。早起きして準備。暗くてよく見えないけど、50,897km。
    Photo Sun Sep 10 05:06:20 2000
    ドクターにサイドバッグを借りたので、積載はすっきり。
    Photo Sun Sep 10 06:02:32 2000
    外環から常磐道へ。守谷に入るとどくたーがいた。わざわざ見送りに来てくれたのであった。どくたーありがとう!
    Photo Sun Sep 10 07:20:42 2000
    乗船手続き中。2時間前には間に合わなかったけど、特に問題なし。
    Photo Sun Sep 10 08:16:52 2000
    9月に入ってるけど、けっこうたくさんバイクがいた。これは多いのか、少いのか?
    Photo Sun Sep 10 09:10:42 2000
    無事乗船。今回は二等寝台です。乗船するとき、前にいたX4の人がコケてしまって大変だった。初日から不運ですなー。フェリーは、出航するときに別の船におしりを押してもらって回頭していた。わかりやすいけど大胆。
  • 9/11 二日目
    Photo
  • Mon Sep 11 05:32:22 2000
    苫小牧に到着。大洗までの間に51,000km超えました。
    Photo ふぅ〜じこちゃん。
    Photo るぱぁ〜ん。
    Photo Mon Sep 11 07:00:12 2000
    苫小牧からR276で支笏湖へ。いつまでたっても霧雨がやまないのでカッパを着ることにした。ラップランドという湖畔のライダーハウスの前で休憩。寒くて暖かい飲み物が飲みたかったのだが、自販機の飲み物は全て冷たいものばかりだった...。
    Photo Mon Sep 11 07:06:50 2000
    けっこう小綺麗なかんじで、バイクがたくさん停めてあった。
    Photo 続いて噴火で大変な洞爺湖へ。対岸ではもくもくと煙があがっていた。
    Photo Mon Sep 11 09:22:08 2000
    このあたりで既に雨はあがっていたが、寒いのでカッパは着たまま。
    Photo 黄色い二人。どこいっても目立ちそうだ。
    Photo 湖畔には白鳥の親子がいた。イナズマちゃん大喜び。
    Photo お父さんです。近寄ったら「それ以上近寄るとケガするでー」といわんばかりに「しゃー」っとうなっていた。たしかに恐かった。
    Photo お母さんとその子供たち。サイズはもうオ・ト・ナ。やっぱお父さんはなんとなく煙たがられてんのかなー。
    Photo イナズマちゃん作。中島が綺麗に見えました。
    Photo 洞爺湖のまわりには我々の他にはだーれもいませんでした。
    Photo
  • 洞爺湖から通行止なところを迂回してR37へ。途中3193&さやかペアと擦れ違う。隣にくるまで全然わかんなかった。どっかで見たような人達だなーとは思っていたのだが。停る間も無くそれぞれ別々の方向へ。
  • それから西に進み、静狩峠手前を黒松内町方面へ。で、今日の風呂は二股ラジウム温泉。世界に2箇所しかないんだとか。露天風呂が工事中で入れなかったが、怪しさ満点でかなり満足。
  • 長万部でおいしい蟹めしを食べたあとは国道でひたすら南下。八雲から熊石へ抜ける。
  • Mon Sep 11 15:41:52 2000
    R228に出たところで休憩。自販機の前で停まってみたが、やはりHOTのコーヒーはない。しょうがないので自分達で煎れることにした。
  • Photo 誰もいないバス停を拝借。休まるの〜。
    Photo
  • Mon Sep 11 18:30:42 2000
    そして函館へ。今日の宿泊はライダーハウス「ライムライト」。場所がわからずちょっと迷った。
  • ライダーハウスのオーナーが函館周辺の情報をくれた。たくさんある坂をぶらぶらし、バスで函館山山頂へ。途中右に左に函館の夜景が見える。
  • 山頂は残念ながら濃い霧の中。まぁ、途中でけっこう見れたから十分でしょう。
  • 夕飯は寿司とラーメン。うまかった。赤レンガ倉庫近辺をぶらぶら。
  • ライダーハウスに帰って銭湯へ。明日の朝も早いのでさくっと寝る。
  • 9/12 三日目
    Photo
  • 次の日も雨。五稜郭の近所まで行ってみる。イナズマちゃんが忘れものをしたのでライムライトに戻る。危い危い。
  • Tue Sep 12 06:44:54 2000
    北へ向うとともに天気は回復傾向へ。途中のコンビニで休憩。
  • Photo Tue Sep 12 08:34:18 2000
    給油。ついでにチェーンにオイル塗った。雨の中走ってるとすぐ油が切れちゃう。
    Photo どーん。内浦湾を望む。
    Photo 日射しはあるが、遠くのほうには雲がたっぷり。洞爺湖、室蘭方面。
    Photo Tue Sep 12 10:52:48 2000
    真狩村に到着。きれいに晴れていたので、濡れてそうなものを乾す。人間も一緒に乾してます。
    Photo 羊蹄山。今回のツーリングで最も晴れていた瞬間。真狩温泉は11:00からだったので、いろいろ写真を撮ることにした。
    Photo 緑の絨毯がどこまでも広がる。とりあえず「でっかいどー」的な写真を撮ろう。ごめんちょと早かった。もいっかい。
    Photo ぜーぜー。既に3回くらい飛んでます。
    Photo うりゃ。素晴しい。
    Photo とう。高さがポイント。
    Photo 羊蹄山をバックに。単に三脚を使ってみたかっただけ。このあと温泉はいってまったり。
    Photo Tue Sep 12 12:32:40 2000
    細川たかし像を見にいった。イナズマちゃん熱唱。ちなみにこっちはデジカメでとった画像。
    Photo で、こちらはEOSで撮影してフジカラーCDにしてもらったやつ。コントラストが違う? あ。このアングルは正しくないらしい。本当は羊蹄山をバックに熱唱してるのだ。もうちょっと左からねらおう。
    Photo Tue Sep 12 12:33:26 2000
    ちなみに唄う細川たかし像は、←事情により唄えなかった。残念。また行かなきゃ。
    Photo Tue Sep 12 13:30:10 2000
    たかしの近くの売店でとうきびを買ってほうばる。そこのおじさんが「ここまで来たんなら、京極行って水もらっといで」というので、行ってみることにした。羊蹄ふきだし湧水です。
    Photo
  • ほんとに水が綺麗だった。みんな直接飲んだりペットボトルにもらったりしていた。
  • 昨日は喜茂別から札幌へ。札幌でとくに予定はなく、富良野に抜けるのにくねった道よりストレートにいったほうがよかろうとの判断。この判断は×。かなり激しい渋滞に心身共に疲れた。
  • R12→道道16→R452→道道135。道道135では赤色灯をまわしながら追い掛けてきた謎の車と10kmほどランデブー。暗いからパトカーかどうかがわからない。法定速度でR38まで。果してそれはパトカーであった。赤色灯回してきてくれて助かったー。でなかったら気がつかなかったよ...。
  • 富良野につくころにはすっかり夜に。手早く買い出しして、近くの鳥沼公園キャンプ場へ向う。
  • 暗い中テントを設営。予行演習のおかげでさくっと張れた。食事して飲む。幸せだぁ。もうちょっと天気がよければ星が見えるのだが。
  • 9/13 四日目
    Photo
  • Wed Sep 13 08:29:58 2000
    そして朝。もうちょっとで52,000km。
    Photo Wed Sep 13 08:30:24 2000
    イナズマはそろそろ20,000kmです。今日達成しますな。
    Photo Wed Sep 13 08:32:34 2000
    荷物を積んで準備完了。麓郷の森へGO!
    Photo 撮影で使われた建物の前で。中は落書でいっぱい。落書しようという気持が全然理解できない。
    Photo これは風呂場らしい。本当に風呂沸かせそうだった。ちなみにイナズマちゃんは北の国からが大好き。
    Photo 五郎の家の前で。たまたま再会した3193さんに撮ってもらった。実はこのとき僕の心ない一言で険悪なムードになっていたことはナイショ。
    Photo 五郎石の家。麓郷の森とはちょっとはなれたところにある。これからも撮影に使うらしい。
    Photo Wed Sep 13 09:52:12 2000
    石の家の付近には売店があって、おいしい自家製ウィンナが食べられた。ここで3193さんたちと別れる。
    Photo
  • かなやま湖経由で狩勝峠。だんだん天気が悪くなって寒くなってくる。それでも自販機にHOTの飲み物はなし...。
  • くったり温泉へ。温泉はかなりよかった。消毒して中和してないコンタクトレンズを目に入れてしまい悶える。しびれた。
  • R274で士幌通過。道道54と交差するところのホクレンで給油。実はすぐ手前のパーキングで取締りをやっていたのだった。全然気がつかなかった。ホクレンに入るので減速してたのでセーフ。給油してよかった...。
  • 遅い昼飯を食べようと思って適当に食堂に。「豚丼」があったので注文。しかしそこのおばちゃん、「はいよ」といったきりかかってきた電話に夢中になり、いっこうに調理しようという気配がない。半分ムっとして出てきちゃった。イナズマちゃん:「またきまーす」。僕:「二度とくるか!」
  • Wed Sep 13 16:27:14 2000
    R274で白糠へ。途中イナズマ20,000km達成。V!!
  • Photo Wed Sep 13 16:28:10 2000
    イエーイ。
    Photo 「2」「0」。やったね。このあとR38で釧路へ。このへんはイナズマちゃんの庭です。
  • 9/14 五日目 Photo
  • 今日は釧路から北のほうへ向うのだ。とりあえず湿原の中を抜けて弟子屈へ。
  • まずは摩周湖。ちゃーんと霧が出てましたヨ。ふぉっふぉっふぉ。
  • Photo 続いて硫黄山。煙がもくもくしてて硫黄くさかった。あたりまえだけど。黄色いと遠くからでも目立ってよいね。
    Photo あいにくの天気なのに、けっこうたくさん観光客がいた。
    Photo Thu Sep 14 13:44:10 2000
    地中から発っせられる熱で卵を茹でていた。とりあえず熱のあるところに卵あり、ってかんじ。それにしても直接当てたりして変になったりしないのかな。:-)
    Photo Thu Sep 14 13:44:50 2000
  • けっこうごーごーと音を立てて吹きだしてて驚く。
  • このあと屈斜路湖へ。砂湯温泉はあったかくてつい入ってみたくなった。でもやめといた。
  • 温泉に入りに和琴半島まで行くものの、あまりにワイルドな露天風呂のため断念。
  • 阿寒湖に向うためR243を弟子屈に向う途中で、バイクを押している人を発見。停まって聞いてみると、突然エンジンが止まってしまったんだそうだ。
  • 9/15 六日目 Photo
  • Fri Sep 15 10:27:50 2000
    いよいよ今日で北海道も終わりです。ひたすら苫小牧を目指します。
    Photo Fri Sep 15 11:20:54 2000
    だいぶスタートが遅くなったけど、とりあえず和商市場へ。勝手丼です。うまかった...。
    Photo
  • 釧路からひたすら太平洋沿いに南下。最初霧雨だったが、徐々に強くなり、そしてえりもが近くなることには止んだ。
  • この写真はR336から道道34に別れる手前のパーキングで撮ったもの。釧路のほうは雲の中。
  • Photo このあたりから既に風が強くなりはじめていた...。
    Photo 夕日が綺麗なのと、造るのにえらい金がかかったということで、この名前がついたらしい。
    Photo
  • そしてえりも岬へ。不思議なことに、岬周辺だけ晴れていた。道道34に入ったあたりは景色もよくて感激。ただ風はどんどん強くなる...。
  • いちおう記念撮影。風が強すぎて、髪が顔にあたって痛い。
  • Photo Fri Sep 15 16:02:40 2000
    岬のさきっぽまでいってみたのだが、風が強くてこのありさま。気をつけてないとほんとに倒されそう。
    Photo
  • これがさきっぽ。このあと駐車場近くの売店でえりもラーメンを食べる。そして各方面向けにおみやげを買いこむ。お世話になったどくたーにえりもビールを購入。
  • あとは苫小牧にむけてもくもくと走る。苫小牧近くで温泉へ。時間的には余裕があったのでゆっくり休む。
  • 温泉から出て苫小牧に向うところでやや濃い霧雨。最後の最後で...。しかも道に迷う。でもすぐリカバリ。
  • Photo Fri Sep 15 21:34:38 2000
  • 一気に飛んで苫小牧。なんとか無事戻ってきた。暗くてよくわかんないけどイナズマちゃんの魂の叫びです。
  • このあと順調に乗船して出航。寝たり食べたりしているうちに大洗に到着。
  • 大洗に着くとどくたーがいました。あと室蘭からフェリーに乗った3193組も。つくばに移動し、うちの愚妹も呼びだして夕飯。
  • あとは常磐道、外環で帰宅。旅のしめくくりも雨でした...。

  • home / update history / who am i? / motorcycle / ST2 / DT / my "cerebral neocortex" / guest book